ブロックチェーンでの面接

当日について

1

審査の再開

応募者のLinkedInまたは履歴書の確認後審査を行い、その後できるだけ迅速に結果を通知します。毎週何千もの素晴らしい応募があるため、所要時間が長くなることがあります。

2

人材担当者との電話面談

「会話」がキーワードとなります。私達が知りたいのは、何が「あなた」をあなたたらしめているか、です。その際、私達はできるだけ社や役職についてもお伝えします。

3

コードもしくはポートフォリオ審査

技術者や設計者としてのポストの面接を行う場合、応募者の技術的なスキルについて知るための時間を割きます。応募者は小さなプロジェクトを完了するか、Githubでの過去の専門的もしくは個人的なプロジェクトを提出し、審査を受けます。設計者の場合、ポートフォリオは必須です。以上のオプションが実行できない場合、当社技術者との専門的な面接が行われます。

4

雇用マネージャーとの動画チャット

対面で話すことで分かることは数多くあります。当社は職場を休むことが必ずしも簡単ではないということを理解しています(できる言い訳にも限りがあります)。ですからWhatsApp、Google Hangouts、Skypeや昔ながらの電話での面接が可能です。

5

会社訪問

面接するチームにより、所要時間は2~3時間です。質問をしてください。好奇心を広げてください。できるだけ多くの知識を持ち帰っていただきたいと思っております。

6

身元照会

身元を照会することで応募者の興味や、ブロックチェーンで最高の経験を可能にするための情報が分かります。

7

ブロックチェーンへようこそ!

お互いにぴったりだと思うことができたら、さっそく開始しましょう。常に扉は開かれており、フィードバックを求めています。気軽に意見を届けてください。個人的に、もしくはGlassdoorで公開で意見を交換できます。面接を含む当社がやることのすべてにおいて、繰り返すことで完璧を目指します。

ブロックチェーンで働く準備はできましたか?